【車で行く】パワスポ巡り!長野県の善光寺に行ってきました。

目安時間:約 7分

 

こんにちは 「ぷよっ太」です。

 

今回はパワースポット巡りと御朱印を頂きに夫婦で長野県の善光寺に車で行ってきましたのでレビューします。





 

まずは駐車場から。

私たちが訪れたのは11月ですが、駐車場はどこも一杯です。

 

善光寺を囲むように駐車場が点在していますので必ず善光寺を中心に時計回りで通行してください。

 

上の地図を見ていただくとわかりやすいと思いますが、駐車場の空きを待つ車で道路が渋滞していますので反時計回りで走行すると、いつまでたっても駐車場に入れません。

 

季節などあまり影響しない人気の観光地ですから、朝早めに到着しない限り、時計回りに走行してさっさと駐車場待ちの列に並んだほうが得策となります。

 

ちなみに私たちは11時頃に到着し、第1駐車場待ちの列に15分ほど並んだら入場出来ましたよ。

 

 

本堂を散策します。

本堂の裏側の敷地から入ってすぐに、綺麗な紅葉と5重の塔が見えます。

 

見とれてしまいますが、まず先にお参りを済ませ御朱印を頂きたいと思います。

 

しかしとても大きな寺社で、参道は観光客もいっぱいいます。

 

善光寺のしおりを頂いてきたので散策の参考にどうぞ。

 

私たちが車を停めた第1駐車場からだと、ちょうど善光寺の裏側からの入場になるのですが、結果非常に効率よく参拝ができました。

 

まずは手水舎で清めたら、100円でお線香を一束頂き香呂に供えます。

 

本堂でお参りを済ませたら御朱印をいただきに受付に向かうと10人ほど並んでいたのでそのまま待ちます。

御朱印は数種類ありますが、定番のものを選んだ後に番号札をいただけます。

 

「1時間30分ほどかかりますので時間になったら番号札をお持ちいただき引き換えて下さい。」

 

まじすか...💦

今は寺社のパワスポ巡りは人気がありますので参拝と御朱印は外せませんよね。

 

ちなみに定番の御朱印がこちら。

さすがこれだけ有名なだけに時間はかかりますので、まず仲見世散策などの前に御朱印の受付を済ましておきましょう。

 

次は「お戒壇めぐり」をします。

 

こちらも善光寺に来たら外すことは出来ない人気のイベントになりますので、券売機で500円の入場券を買って待ちの列に並びます。

 

本堂の中をテーマパークみたいにジグザグの仕切りに並ぶこと20分ほどで入口に到着です。

 

入口の階段を下りていくとそこは真っ暗でなにも見えません。

 

何も見えないので前を歩いている人にぶつかったり、後ろの人がぶつかってきたりで、細い通路に人が密集しているので11月なのに少し暑苦しく感じます。

 

極楽浄土の入口を見つけにいくのに、夏の季節などはこれだけ人が密集したらまさに地獄絵図さながら気分が悪くなって倒れる人が出るのではと思ってしまいますので、人混みの苦手な人は気を付けましょうね。

 

 

仲見世通りを散策します。

次は賑わっている仲見世を散策しますが、相変わらずの観光客の多さです。

 

お腹も空いたのでランチを済ませてからお土産散策しようと歩いていたら、良さげなお店を発見。

「長戸屋」というお蕎麦屋さんで、お店の雰囲気もいい感じですが、ここは有名な観光地ですから過度な期待は禁物です。

 

みなさんは観光地のお食事処って、どんなイメージを持っていますか?

多分みなさんも私と同じだと思いますが、とにかく価格設定が高い割にはパッとしないですよね。

まさに今回もそんな感じでした。

 

お蕎麦はまぁ美味しいけれど天ぷらが…💦

せっかくの天ざるが、これならざるそばにしときゃよかったと残念な気持ちに…

 

さて、気持ちを切り替えてお土産探しに仲見世散策を再開しますが、とてもいい雰囲気です。

 

なんだかんだ時間も経ったので、そろそろ御朱印をいただきに本堂の方に戻ります。

 

正面入口の山門が迫力ありますね~

 

本堂の迫力に歴史を感じることができますよ。

 

この本堂の下に「お戒壇めぐり」の迷路のような地下があって、規模の大きさに改めて驚きますね。

 

当日は天気に恵まれ11月なのに過ごしやすく、善光寺まわりの紅葉がとてもきれいでした。

歴史をいろいろ感じることも出来たし、ご利益もいただきましたよ(笑)

 

みなさんも長野市周辺に観光に来たら、ぜひ寄っていったほうがいいですよ!

ここは間違いなく「おすすめパワースポット」です!
 

 



【車で行く】三嶋大社に行ってきました。

目安時間:約 4分

 

こんにちは「ぷよっ太」です。





三嶋大社に夫婦で行ってきましたよ。

 

御朱印集めも趣味の私たちなので、

テンション上がってます。

 

車で行ったので駐車場の情報なども報告しますね。

 

 

駐車場はこんな感じです。

写真の奥のほうが駐車場の入口になっていて、

入ってすぐに観光バスが13台ほど停めるスペースがあり、

手前の私の愛車プリウスが停まっている一角が

乗用車の駐車場となっており

約55台ほどの駐車スペースがあり、

乗用車は1時間200円の料金が発生します。

 

駐車場入口に入場してすぐ係員に駐車料金を徴収されますので

お金は出しておいたほうがスムーズですよ!

もちろん参拝用のお賽銭の5円玉も事前に準備しております。

 

 

幻想的な雰囲気があります。

三嶋大社の正面から総門を眺めています。

 

三島市内の中心部に位置するわりには

境内は結構広いですよ。

 

御朱印をいただく社務所は9:00~なので

参拝者はまだ少ないのでゆっくり散策できます。

 

総門をくぐって本殿へ向かい日頃の感謝を参拝でお伝えします。

 

源頼朝に由来があるらしいが私、歴史が苦手でありまして...

 

もちろん事前にそこそこの寺社の歴史を勉強していくのですが

登場人物も含めよくわからなんだよね...

 

でも、

こういうところに行くと心が洗われるようで好きなんです。

 

 

御朱印をいただきます。

社務所は9時からなので

一番乗りで御朱印いただき300円を収めます。

 

どこの御朱印もいろいろな特徴があって面白いね。

 

私の御朱印帳もいっぱいになってきましたが、

まだほかに2冊あるから問題ありません。

 

旅行の計画になかった寺社に巡りあった時などは

御朱印帳を持っていないのでその場で用意しますよね。

そんなこんなで3冊あるんで、これからも楽しみです。

 

 

キンモクセイと顔ハメ看板

三嶋大社の入口にある老木、

かなりの巨木であるが金木犀(キンモクセイ)なんだって!

 

写真じゃ伝わりにくいけど、

樹高10メートル以上で迫力があり、

樹齢も約1200年とかなりの老木で

歴史を感じることができます。

 

国の天然記念物に指定されてるそうですが、

もっと周りを囲む石垣とか

きれいに整備したほうがいいのにと思ってしまいます。

 

帰りに顔ハメ看板を見つけたので

嫁さんに入ってもらい記念撮影!

 

嫁さんの笑顔にいい思い出となりましたよ。

 

 



 

【車で行く】パワースポット「来宮神社」に行ってきました。

目安時間:約 5分

こんにちは「ぷよっ太」です。

 

近頃の熱海人気もすごいですが

「来宮神社」よかったですよ。

 

パワースポットたる所以を

感じることが出きました。

 

 

 

 

駐車場はこんな感じ

ドアを開けると

勝手に開くぐらいの坂に

第1駐車場があり、

7.8台ほどしか停めれません。

 

周りに駐車場ありますが

ここが一番近いです。

 

私たちは

平日の朝9時頃に到着しましたので

停めることが出来ましたが、

帰る頃には満車でした。

 

車で行くなら

早めの時間に到着するように

したほうがいいです。

 

 

 

 

入口のスマホスタンドは便利です。

昔は二人の写真を撮ろうと思ったら

誰かに頼まなければいけなかったのに、

便利な世の中ですな~

 

スマホスタンドが設置してありますので

二人の記念撮影もこのように

簡単に撮影できてしまいます。

 

早速、

パワースポットの来宮を散策していきます。

 

入口からすぐに

稲荷神社の入口も見えてきます。

 

京都にもこんな感じのあったなぁ~

 

そして入口はいってすぐ右に

「第2大楠」がみえます。

樹齢はなんと!

1300年だって!!

 

そして根元を見てみると

大楠がえぐれています!

約300年前に落雷にあったらしく

凄まじい生命力を

感じることが出来ます。

 

そして本殿が見えてきました。

平日朝の9時前なので貸切状態です。

旅はやっぱり平日がいいね。

 

住職さんが落ち葉で

上手にハートを作っていました。

嫁さんはこのことをリサーチ済で

楽しみにしていたとのことで、

嬉しそうに記念撮影です。

 

これだけでも来て良かったと思うよね。

 

 

樹齢2000年の大楠は圧巻の存在!

本殿左側から大楠にむかうまでの「楠への小路」。

 

綺麗に整備され、

大楠に逢うまでの気分を高めてくれます。

 

嫁さんも

先ほどのハートの落ち葉から

テンション高いです。

 

さぁ

明らかにあの向こうに

大楠があるぞって感じが漂ってます。

演出がいい感じです。

 

樹齢2000年の大楠!!

圧巻の存在感というか、でかい!!

幹の外径は何メートルあるんだろう...

 

もちろんここにも

スマホスタンドが設置されてましたので、

観光客が増える前に

記念撮影してパワーをいただきます。

 

もちろん

国の天然記念物に指定されております。

 

大楠の外周を回れるように

道が整備されています。

大楠を一周回ると

「寿命が一年伸びる」と信じられ

願い事がある人は、

願い事を心に秘め幹を一周すると

願いが叶うと言い伝えられてるそうです。

 

ちょうど大楠の裏側になります。

すごい迫力!!

 

大楠にすごいパワーをいただきました。

 

 

御朱印をいただきます。

社務所に入ると案内があります。

 

茶寮「報鼓」なる喫茶施設もあります。

 

ここが社務所の2回屋上のお休み処で、

軽食やお土産などが買えます。

本殿や大楠も一望出来ます。

 

最後に御朱印いただき

ありがたい気持ちとパワーをもらいました。

これだけ見所の多い神社も

珍しいのではないかと思います。

 

皆さんにも是非オススメしたい

パワースポットの一つとなりました。

 

 

 

 

【車で行く】兼六園の日本庭園と金沢神社の金箔御朱印を授かる

目安時間:約 5分

 

こんにちは「ぷよっ太」です。

 

今日は朝から金沢を夫婦で満喫しています。

【車で行く】近江町市場で絶品回転寿司に出会ったよ

【車で行く】ひがし茶屋街は金箔の街

と、まわってきましたが金沢といえば「兼六園」は外せませんよね(笑)

ひがし茶屋街から車で15分ほどの移動で到着しますので、兼六園楽しみたいと思います。





 

まずは駐車場の確保から

兼六園の入口前に大きな専用駐車場「石川県兼六駐車場」という駐車場があります。

ここなら収容台数も494台と多いので安心。料金は最初の1時間350円で、以降30分毎150円と、金沢の相場はこんな感じなんですね。

 

入口発見と思って入ろうとしたら出口って表示してあるから通り過ぎてしまいましたが、ここが駐車場入り口です。

この看板は裏から見ると入口って表示してあるんです。要するに駐車場待ちの渋滞が発生しているときの、右折での入場を規制しているのでしょうね。平日なら空いているから問題ありませんね。

 

駐車場内は3階建てで広々してますよ。

 

 

兼六園を楽しむ

この坂を上がっていくと兼六園の入口があります。

左側にはお土産屋さんが続いていますが、お土産を買うのは帰りにしたほうがいいですよ。

だって、兼六園って結構な広さだからお土産持って歩くのは大変かと思います。

 

結構な勾配の坂を上ると兼六園の入口が見えます。

兼六園は敷地が広いため入口が7か所ほどあって、ここの入口は「桂坂口」で入場料は500円となっていて、チケットの半券を見せれば再入場可となっています。

 

桂坂口から入場するとすぐに「茶店通り」があって食事などを楽しめるお店が並んでいます。

 

平日だからなのか、観光客も少なめで快適です。

 

庭園エリアにに入っていくとありましたよ!足が二股になっている有名な「ことじ灯籠」です。

でもガイドブックの写真とイメージが違ったと思うのは私だけだろうか…(笑)

 

霞ケ池の水面すれすれまで伸びてる大迫力の松!すごいなぁ~💦

 

「唐崎松」って言うのね。それにしてもすごい迫力だよ。

 

霞ヶ池に浮かぶ「内橋亭」、なんだか京都でも見たことあるような風景。

 

そもそも兼六園って何なのッて思って調べたら、金沢城の外郭として城に属した庭だったそうで、そりゃぁ立派なわけだよね。

 

一通り回ったので兼六園に来たもう一つの目的地に行きますよ。

 

 

金沢神社で金箔の御朱印を授かります

兼六園に来たもう一つの目的とはこの「金沢神社」の参拝なんですよ。

御朱印に特徴があるということで有名なんですよ。

 

場所はというと、兼六園を一通り回ったら「随身坂口」から出たらすぐにあります。参拝後はもちろんチケットの半券を見せれば再入場出来ますからご心配なく。

 

さあ本殿にて参拝しますよ。きれいにされた境内に大切にされていることが伝わりますよね。

参拝を終えたら「御朱印」を授かりますよ。

 

気付きましたか?(笑) そうなんですよ、開運を祈念して金箔を付けているのだそうです。

加賀前田家の梅の御紋と2体の龍神様の朱印がかっこいい!

 

御朱印は300円で授かることができ、参拝記念の栞と金沢神社御朱印の意味を知ることが出来ますよ。

 

金沢観光の締めにありがたいものを授かりました(笑) 兼六園の滞在時間は約2時間ほどとなり、時間も14時となりましたので今回の夫婦旅メイン宿泊先の山代温泉に向かいます。

【車で行く】山代温泉「みどりの宿 萬松閣」の展望風呂付和室が最高!

も合わせて参考にしてくださいね。
 

 



【車で行く】大本山 永平寺の迫力に圧倒されました

目安時間:約 6分

 

こんにちは「ぷよっ太」です。

 

2泊3日の夫婦旅最終日、山代温泉から永平寺に向かう途中に、思いもよらないパワースポットに巡り合いました。

【車で行く】パワースポット「栢野の大杉」の迫力に圧倒されます!

寄り道レベルじゃすまないほどの歴史を感じる場所でした。

 

山代温泉から永平寺までは距離にして30キロほどなので、1時間弱ほどで到着です。

それでは「禅の里 永平寺」を楽しみますよ。

 




まずは駐車場から

今日は土曜日なんですが、9時半ごろに到着した時には、賑わいはじめる少し前だったみたいで一番近そうな駐車場に停めることができました💦 上記の写真は永平寺側から商店街を写しているのですが、1キロほど手前から駐車場の呼び込みが始まりますので、とりあえず奥まで車を走らせた方がいいです。近くに停めれなかったらUターンすればいいんだしね。 あまり手前の方で停めてしまうと、歩いての上り坂がきついですよ💦

 

こちらのお土産屋さんが永平寺に一番近いと思います。500円ですがこれだけ近いのであれば、あの上り坂を歩くことを思えば許せます(笑)

 

見た感じは20台ぐらい収容可能かと思われますが、もっと詰め込むかもしれませんね。

お土産屋さんの駐車場だから、帰りに買い物するのは便利ですよね。

 

 

永平寺を参拝します

永平寺のパンフレットで、事前に境内の配置を把握しておくといいですよ。

なんせ、かなりの規模なんで結構歩くし、上り下りも多いのでいい運動になります💦

 

さあ、永平寺の入口である「龍門」です。

もう入口から、静寂の中に神聖さを感じる迫力です。

 

龍門をくぐり、最初に境内のきれいさに驚きます。

修行僧の方々もいっぱいいて、境内の管理がしっかり行き届いていますので、落ち葉すら無いほどきれいに維持されています。

 

500メートルほど歩くと通用門にたどり着きます。

 

通用門の前でもこの規模ですよ!圧倒されてしまいます。

 

通用門の前に境内の案内図があって、夫婦で規模の大きさにびっくりしました。

 

通用門をくぐると「吉祥閣」という大きな建物がありますので、そこから永平寺の散策がはじまります。

吉祥閣入ってすぐ切り株、樹齢何年なんだろう?

 

参拝巡路の始まりに御朱印の受付がありますので、300円を納めて御朱印帳を預け、参拝後に受け取る手順となっていますよ。

 

参拝巡路を歩いてすぐ「傘松閣」(さんしょうかく)と読むそうです。

とにかくこの大広間の天井画が凄くて、仕事の技が繊細で感心します。

 

参拝巡路の建物間はすべて廊下で繋がっていますので雨の日でも心配ありませんが、体力的にしんどいです💦

 

廊下の窓も傾斜に合わせて作ってあり、開閉も出来るようになっているからすごいです。

 

廊下から「仏殿」を覗くと迫力すごいです。

 

「法堂」も見えてきました。ここが境内の一番奥になるのかな。

 

法堂の中はすごい迫力💦

日々の平和な日常に感謝して参拝します。

 

永平寺最古の建物である「山門」が一番迫力を感じることができます。

 

山門西側に祀られている「広目天」と「増長天」。

 

山門東側に祀られている「持国天」と「多聞天」。

この四体が外来者の悪魔を祓ってくれているそうです。

 

回廊に置いてあるゴミ箱にも威厳を感じてしまいます(笑)

ポイ捨てする人には罰が当たりますよね(笑)

 

山門を抜けると参拝巡路も出口に近づいていきます。

 

最後に御朱印を授かって大満足の参拝となりました。

長い歴史を持つ仏教寺院と僧院「曹洞宗大本山 永平寺」の歴史に触れ、貴重な経験をしたと感じることが出来ましたよ。

 

この後は、永平寺から30キロほど、車で1時間で東尋坊に向かいます。

【車で行く】東尋坊ってにぎやかでグルメも最高!

も合わせて旅の参考にしてくださいね。
 

 




スポンサーリンク
こんな人が書いています


管理人:ぷよっ太

車で旅行に行くのが大好きな40代です。同じ年代に共感していただけるような記事を更新していきます。

詳しいプロフィールはこちら
プライバシーポリシー

カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
四十代からのダイエット
アーカイブ archive

ページの先頭へ