「古宇利オーシャンタワー」で沖縄真珠のネックレスをプレゼント!

目安時間:約 6分

沖縄本島の北部に位置する

恋の島として有名な「古宇利島」の

シンボル的なスポット「古宇利オーシャンタワー」に来ました。

 

タワー最上階のデッキからは、

沖縄の絶景が360度見渡せる

素敵な場所です。

 

「シェルミュージアム」では、

かわいいピース貝も展示していて、

とても楽しめる魅力的な施設でしたよ!

 

場所・営業時間・料金・割引について

場所は沖縄北部の今帰仁村に属した

「古宇利島」の入り口近くにあります。

 

古宇利大橋を渡って

すぐに大きな看板がありますので

右折後すぐそこです。

 

古宇利大橋を渡っている時から

オーシャンタワーが見えていますので

迷うことはありませんよね💦

 

施設の詳細は、

公式サイトの情報を貼り付けておきますので

参考にしてください。

 

ちなみに、

「雨の日割」っていうおもしろい割引制度があって、

タワーやカフェからの絶景を売りにしているだけに、

天気の良くない日は入園料が安くなります。

 

遅い時間からの入場割引などは見たことあるけど、

「雨の日割」はすごい良心的で好感持てますよね。

 

観光客は日にちを変更して改めてなんて

できないから施設の配慮を感じます。

 

滞在時間は2時間ほどあれば

十分に楽しむことができます。

 

でも、

ランチやカフェでゆっくりするなら

もう少し時間に余裕を持ちましょう。

 

あとね、

天気に左右されるのは「景色」だけで、

シェルミュージアムやカフェ、ショップでのお買い物など

しっかり楽しめますから

天気が良くなくても

安心して下さい下さいね♪

 

「オーシャンタワー」はフォトスポット満載!

「古宇利オーシャンタワー」は、

古宇利島に来たら観光客は必ず訪れると思います。

 

営業時間は9時から18時までなので、

天気のいいタイミングで訪れると

タワー最上階からの絶景は格別のものとなります。

 

私たちが訪れた日の天気予報は、

午後からだんだん下り坂という予報でしたので、

10時頃には到着して

急いで写真をいっぱい撮りました💦

 

入り口で入場券を買うと、

そのままカートに乗って

高台にそびえ立つ

オーシャンタワーのふもとまで登っていきます。

 

カートから望む景色もいい感じなんです!

 

ちょっと雲が多めですが、

沖縄は海の青さが違いますよね!

 

途中に撮影スポットがあって、

自動で写真を撮ってくれて、

カート出口のところで

 

「記念写真いかがですか?」

 

ってよくあるシステムですが、

記念に1枚1000円で購入します💦

 

カートを降りると「シェルミュージアム」に続きます。

 

「ピース貝」って

ほんと変わった形をしていますよね〜

 

ミュージアムを出るとショップになっていて、

嫁さんが「沖縄真珠のネックレス」を

気に入ったみたいなのでプレゼントしました。

 

そして、
オーシャンタワーを登って

最上階のデッキまで来てみると、

すごい絶景が待ち構えていました!

 

「古宇利大橋」と「屋我地島が」一望できます。

 

オーシャンブルーがすごいキレイ!

 

本州でこんなキレイな青い海なんて見たことないですよ!

 

嫁さんが、

さっき記念にプレゼントした

ネックレスをつけて嬉しそうにしていると、

こちらも嬉しくなってしまいますね(笑)

 

ということで、
古宇利島には「ハートロック」に

「ピース貝」に「古宇利オーシャンタワー」など、

小さい島なのにスポットがいっぱい。

 

訪れた人が幸せになれる、

まさに「恋の島」でした。

 

最後に、

「古宇利島」の関連記事はこちら!

 

「古宇利島」のハートロックとピース貝が最高の思い出!

 

そして、

今回の3泊4日の旅程を記事にまとめていますので、
良かったら参考にしてみてくださいね。

 

【11月の沖縄旅行は最高!】夫婦で行く3泊4日のオススメ旅程を提案します。

 

格安!沖縄旅行満載のジェイトリップツアー!

 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

スポンサーリンク
こんな人が書いています


管理人:ぷよっ太

車で旅行に行くのが大好きな40代です。同じ年代に共感していただけるような記事を更新していきます。

詳しいプロフィールはこちら
プライバシーポリシー

カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
四十代からのダイエット
アーカイブ archive

ページの先頭へ