愛車プリウス30が故障なしで12万キロをこえたよ!

目安時間:約 6分

 

こんにちは「ぷよっ太」です。

私の愛車はプリウス30後期型の

一番安い「Lグレード」なんだけど、

2013年に新車で購入して7年目となります。

 

12万キロも軽くこえても

元気な愛車の凄さを伝えたいと思います。





 

 

実燃費は21km/L

プリウスを購入したキッカケは、

通勤距離が増えたことにあります。

 

それまでは会社まで片道3kmでしたが、

勤務地が変わりまして片道30kmと10倍になりました。

 

まぁ 今まで近すぎるくらいで恵まれすぎてましたけど、

さすがに往復60kmとなると

燃費の悪いミニバンに乗っていたので、

真剣に燃費のいい車に買い換えないと、

通勤交通費が激しくマイナスになります。

 

そこで、当時燃費のいい車は

インサイトやアクアやプリウスでした。

 

アクアは荷室が小さいし、

インサイトは外観デザインが好みではなく、

消去法でプリウスとなりました。

 

それも、

車両価格が一番安くて一番燃費のいい

「Lグレード」にしました。

 

当時は燃費の良さに感動しましたよ!

 

年間2万キロほど走りますが、

純正タイヤが185/65/15のサイズで

平均25km/Lほどの燃費にびっくり!

 

1年ほど乗った頃にアルミホイールを変えて

225/45/17のサイズになっても平均21km/Lは走ります。

 

もう燃費の悪い車なんて考えられなくなりましたよ。

 

 

12万キロ走破で故障ゼロ

ちょうど7年目に突入と同時に

走行距離も12万キロをこえました。

 

もちろん今の車はタイミングベルトじゃなく、

タイミングチェーンなので

10万キロをこえても交換の必要がありません。

 

故障や修理も無く、リコールが2回あったかな?

でも2回ともディーラーにて1時間弱で終了したし問題なしです。

 

夫婦での旅は公共の交通機関は使いません。

すべて車での移動です。

 

だから旅行の予算も抑えることができて最高です。

 

 

維持費は激安!回生ブレーキが凄い!

 

年間の維持費は1800ccなので、

相応の維持費はかかります。

 

しかし2回目の車検の時にビックリしたのですが、

約10万キロ走行していたのに前後のブレーキパッドが、

まだ8割ほど残っていると整備士から伝えられたときは感心しました。

 

10万キロ走っているのに

普通の車ではありえませんが、

ハイブリッド車は「回生ブレーキ」なるものが威力を発揮します。

 

わかりやすく説明すると自転車のライトを点灯すると

ペダルを漕ぐのが重くなりますよね。

 

まさにそのイメージでブレーキを踏むと

発電しながら減速力が生まれてブレーキパッドは

停止寸前に切り替わるみたいです。

 

もう、感心しましたよ。

 

考えた人凄すぎる。

 

エアクリーナーも距離の割には

エンジンが停止している時間が長いので

そんなに汚れてないとのこと。

 

結局、現在12万キロこえてますが、

消耗品って年4回交換しているエンジンオイルだけです。

 

まぁ すごい車です。

 

 

まとめ

 

本当にすごい車なんだなと、

記事を書いてる自分もビックリです。

 

そういえばバッテリーも駆動用のバッテリーと、

電装用の補器バッテリーがあるのですが、

駆動用のバッテリーは口コミを調べてみると

20万キロは持つみたいだし、

補器バッテリーも今現在、7年目に突入しましたが

交換していません。

 

タイヤもAmazonで1本4000円のタイヤを

近所の自動車屋さんにて交換していますのでコスパは最高です。

 

とにかく10年以上は

このプリウスに乗って各地を旅したいので

まだまだ頑張ってもらわんとね。

 



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
こんな人が書いています


管理人:ぷよっ太

車で旅行に行くのが大好きな40代です。同じ年代に共感していただけるような記事を更新していきます。

詳しいプロフィールはこちら
プライバシーポリシー

カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
四十代からのダイエット
アーカイブ archive

ページの先頭へ