【車で行く】草津ホテル別館「綿の湯」の温泉は最高です!

目安時間:約 14分

 

こんにちは 「ぷよっ太」です。

 

最高でした!草津温泉!!

 

湯畑に西の河原にお土産探しと食べ歩きを楽しみ、宿泊先は草津ホテル別館「綿の湯」に泊まってきましたのでレビューします。





 

予約とプランについて

草津温泉は昔から行ってみたかった所なので宿選びは慎重になります。

 

またまた旅行雑誌「るるぶ」のお世話になってしまいましたが、気になるお宿を見つけてしまいました。

 

草津ホテル別館「綿の湯」、全10部屋の小規模なお宿ですが、写真で見た感じの雰囲気も良く一目で気に入ってしまいました。

 

今回もポイントを貯めるべく「楽天トラベル」にてプランを探してみるといいの見つけましたよ!

 

・[記念日]2大特典付!ケーキ&片岡鶴太郎美術館鑑賞プラン

 

お部屋タイプは「ツイン[禁煙]本棟」夕・朝食付、11月の平日で〈18000円/人〉でしたが、嫁の誕生日が近かったので夕食にケーキかシャンパンを選べて、片岡鶴太郎美術館の入場券も付いてるお得感満載なプランにしました。

 

 

草津ホテル別館「綿の湯」に到着!

チェックインは14:00からなのですが、13:00頃に到着してしまいました。

 

温泉街は道も狭いのでとにかく車だけでも預かってもらおうと思い、とりあえずお宿の前に駐車して受付に向かいます。

 

お宿の前に車1台停めれます。

 

受付に行ったらすぐに対応して頂きまして、

 

「お部屋にはまだ案内できませんが、お荷物とお車をお預かりします。」

 

とのことなので、車から荷物を降ろしてスタッフに渡し、車は少し離れた駐車場に移動するというので鍵を預けておきます。

 

しかし落ち着いた雰囲気のある感じのいいお宿で、スタッフの印象もいい感じです。

 

お宿の向かいには「草津ホテル」の入口があり、こちらは老舗感あります。

 

非常にお宿の場所もよくて、目の前は「片岡鶴太郎美術館」、西に向かえば「西の河原公園」、真横は土産物屋で、東に7分ほど行けば「湯畑」です。

 

とても対応のいいスタッフに、この宿は間違いないなと思いました。

 

とりあえずチェックインの14:00まで時間があるので草津温泉の街ぶらを楽しんできますよ(笑)

 

 

落ち着きのあるお部屋に感動です。

車を預けて街ぶらをしていたら14:00を回りましたのでチェックインを先に済ませるために戻ります。

 

受付横のラウンジに通していただき温泉まんじゅうを出していただきました。美味しかったですよ!

 

すぐ近くにはコーヒーやお茶がセルフサービスで置いてあります。

 

~宿泊のご案内~の冊子に沿って案内していただきました。

 

お部屋は「橙(だいだい)」4階ですね。

見晴らし良さそうですよ!

 

案内はちゃんと読んでおきましょうね。

 

預けた荷物はすでにお部屋に運んであるということで、案内していただきます。

 

すごい清潔感と落ち着きのある室内ですよ~(笑)

 

ベッドがしわになっているのは、私たちが既に喜んで寝転んでしまった後に撮影したものです💦

もちろんベッドはシワ1つもなく綺麗にされていましたよ。

 

嫁さんも早速くつろいでおります。

 

大きな窓が開放感あって気持ちがいいです。

 

水回りもとても綺麗で清潔感あります。

 

窓の外には「片岡鶴太郎美術館」と「草津ホテル本館」が見えます。

 

とりあえず館内を散策してみようと案内を見ますと、

 

4階建て全12部屋の構成で、3階に図書コーナーと足湯があるので行ってみます。

 

そんなに広くはないですが、落ち着きのある図書コーナーでゆっくりくつろげそうです。

 

どんな本が置いてあるのか確認し忘れてしまった...

 

すぐ隣には屋外足湯スペースがあって、外気を感じながらの足湯もいい感じです。

 

タオルも置いてあり温泉街と紅葉の眺めを見ながらの足湯は最高でした。

 

この後に街ぶらを再開!15:00~18:00頃まで草津温泉街を存分に楽しみお宿に帰ってきました。

 

 

源泉かけ流しの「わたの湯」と「万代鉱」を楽しむ!

さすがに朝早くから動きっぱなしで疲れたので自慢の温泉にて疲れを取りたいと思います。

お部屋には着替えを入れる手持ちカゴも用意されていて、浴衣やタオルを入れて温泉に向かいます。

 

綺麗で清潔に保たれた脱衣所です。

 

綿棒やドライヤーなど何でも揃って問題ありません。

 

結局、夜に2回と朝に1回温泉を楽しみましたが、10部屋ほどですから他の宿泊者と一緒になることが一回もありませんでしたので毎回貸切状態です。

 

入ってみると暗めにした照明で左手にサウナとシャワーがあります。

 

体を洗い流し、早速温泉いただきます!

 

手前の透明な湯が「万代鉱(ばんだいこう)」で少し熱めの硬いお湯で肌がピリピリとして酸性が強めな感じがします。

2種類のお湯が楽しめるのは「有馬温泉」と同じですね(笑)

 

スタッフの方には肌に合わなかったらシャワーで洗い流して下さいとのことでしたので敏感肌の方はご注意を。

 

そして奥の濁ったお湯が「わたの湯」で万代鉱とは対照的な柔らかく優しいお湯で、温泉独特のぬめり感もあり、ついつい長湯してしまいました。

 

どちらも源泉かけ流しで湯量の豊富さをものすごく感じ、さすが「日本三名泉」の一つだなと歴史を感じつつ体を癒していただきました。

 

お部屋に戻ってきたら疲れが出たのか体が重いが芯までポカポカになり、温泉の効能が強いんだなと思います。

 

嫁も温泉から帰ってきて「女湯も良かったよ~」と大変満足しておりました。

 

 

夕食も朝食も大満足!

温泉上がりで、ビールが美味しぃ~~

 

お部屋でくつろぎながらテレビを見ていると、明日も快晴ということでテンション上がります。

明日は朝から、草津白根山の「湯釜」を見に行きたかったのでよかったね(笑)

 

そうこうしているうちに夕食の時間が近づいてきましたので2階の食事処に向かいたいと思います。

お食事はチェックインの時に夕食と朝食の時間を教えくれますので遅れないようにしましょうね。

 

お食事処に向かうと入口でスタッフの方が席まで案内してくれます。

私たちは窓際の外の眺めを楽しめる席を用意していただきました。

 

見てください!この品数の多さ! 先付け・お作り・煮物・ローストビーフにつくね鍋... この後、ご飯にデザートもつきまして、もちろん生ビールも頂きましたので、二人共お腹いっぱいでもう食べれません!

 

味付けも上品で、とっても美味しかったです。

 

ちなみに私たちはこの後、ライトアップが綺麗な夜の街ぶらに出かけました。

 

夜の街ぶらからお部屋に帰ってくると部屋電話が鳴ります!?

 

「申し訳ございません。ケーキを出し忘れてしまいました。」とのこと。

 

私たちも「誕生日プラン」だということをすっかり忘れておりましたし、何よりあの夕食後にケーキが出てきても食べれませんでしたので気にしないで下さいとお伝えし、

 

「よければお部屋にお持ちします。」とのこと…💦

 

そんなに気を遣わしてしまい申し訳ない気分💦

 

結構大きいのね...(笑)

 

でも夜の街ぶらしてお腹も落ち着いたので二人で美味しくいただきましたが、少食の方は夕食のボリュームがありますので、ケーキよりシャンパンを選んだほうがいいのかなと思いますよ。

 

お部屋でお酒も飲みながらテレビを観ていたら、お腹もいっぱいで酔いも回ってきたため、知らぬうちに就寝してしまいました。

 

私たちはいつも通り朝5時に目が覚めて、窓の外を眺めれば朝から快晴で嬉しい気分になりましたが、いつも朝ごはんは起床してすぐ食べるので、今日の朝食開始時間8:00からはお腹ペコペコで限界です。

 

「湯畑」の前にセブンイレブンがあったので、前日に少し何かお腹を満たすものを買っておいたほうが、早起きな方はいいかもです。

 

 

何とか空腹を我慢し、時間になったので2階の食事処に急いで向かって、スタッフに席を案内していただきます(笑)

 

どうですか!?美味しそうでしょ! 空腹と戦っただけに、朝からテンション上がります。

 

席はみんな夕食と同じ席なので、窓際だった私たちは朝日が眩しい町並みを観ながらの、気持ちがいい朝食となりました。

 

相変わらずの品数の多さで、だし巻き卵はこだわりの作りたてで最高に美味しいです!!

 

御飯はおかわり自由なのに、一杯目から欲張って大盛りを頼み少し恥ずかしい思いをしたのですが、めげずに2杯目も大盛りにしてもらいましたよ。

 

 

「綿の湯」まとめ

結論から言いますと、「最高にいいお宿!」です。

 

スタッフのみなさんも親切で笑顔が最高だし、2種類の温泉も素晴らしく、街ぶら観光するのに場所もいいし、食事も素晴らしくまた来たいと十分思わせる素晴らしいお宿だと思います。

 

平日のお手頃なプランならかなりコスパがいいと思いますので是非また来ます。

 

チェックアウトは10:00ですが草津白根山の「湯釜」に行くため9:00前にはチェックアウトしました。

本来は宿の前まで車を持ってきて頂けるのですが、私たちのチェックアウトが早かったため車を運転できる従業員さんが出勤前ということで、直接駐車場までとりに行きました。

スタッフの皆さんには最後の最後までワガママを聞いていただき申し訳ない。

ちなみに駐車場は目の前の坂道の道路を100mほどのぼった右手にありましたよ。

 

本当にまた来たいと強く思うお宿でしたよ。おすすめです(笑)

 

関連記事の、

【車で行く】草津温泉を夫婦で町ブラ!(前編)

【車で行く】草津温泉を夫婦で町ブラ!(後編)

【車で行く】滋賀草津道路の高原ドライブ!湯釜も最高!

も合わせて読んでみてね。
 

 




 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
スポンサーリンク
こんな人が書いています


管理人:ぷよっ太

車で旅行に行くのが大好きな40代です。同じ年代に共感していただけるような記事を更新していきます。

詳しいプロフィールはこちら
プライバシーポリシー

カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
四十代からのダイエット
アーカイブ archive

ページの先頭へ