【ホルツ ウレタンクリア】ヘッドライトの黄ばみ解消で新車みたい!!

目安時間:約 15分

愛車のプリウスと、嫁さんのステラのヘッドライトの黄ばみが酷いんで、今回はウレタンクリア塗装に挑戦してみましたよ!

 

本日は風もなく、朝5時の時点で気温は25℃と、塗装日和ということで、早起きして暑くなる前に仕上げたいと思います。





「ソフト99」と「ホルツ」で悩むが値段でホルツに決定!

ウレタンクリアスプレーの口コミ数は、断然「ソフト99」が多く人気なのですが、値段がAmazonでも2836円するし、近所のホームセンターでも2980円とかなり高いんですよね。

 

他方「ホルツ」はというと、Amazonで1980円と安いので、迷うことなくこちらに決定!

 

ハッキリ言ってプロでも職人でもないんだから、違いなんてわかんないし、同じ「ウレタンクリアスプレー」なら大差ありませんよ!

 

ということで「ホルツウレタンクリアコート160㎖」で2台分のヘッドライトをきれいにしていきます。

磨き作業は800番の耐水ペーパーだけで十分です!

「YouTube」や「ネット」でヘッドライトの黄ばみを調べると、ペーパーがけは600番から2000番まで用意するとかでてくるけど、結論は800番の耐水ペーパー1枚だけ用意すれば、2台分のヘッドライトも余裕でキレイにこすれましたよ。


コツとしては、ヘッドライトの周りにマスキングをして、塗装を傷つけないようにしてから、水をかけながらペーパーでこすって、黄ばんだ水が白くなったらOKです。


作業はたったこれだけ、ヘッドライトの隅までしっかりペーパーで傷を付けて、乾いて真っ白になったら、養生用のマスキングテープで車のボディーを隠せば準備完了となります。

ラッカースプレーよりウレタンは垂れにくいので安心して!

気温25℃の環境で塗装した感想は、「ラッカースプレー」より「ウレタンスプレー」の方が垂れにくく感じました。

 

結論としては160㎖の内容量で、2台分のヘッドライトを4回重ね塗りして、少しだけ余る量でした。

 

まずは1回目の塗装です。

薄く塗るように心がけていれば大丈夫!白く曇った部分があっても大丈夫だから、厚塗りしないようにね。

 

そして2回目の重ね塗りです。

ヘッドライトが透明になってきました。

 

さらに3回目の重ね塗りです。

ヘッドライトの上部がまだ白く曇っています。

 

そして仕上げの4回目の重ね塗りです。

曇っている部分や、柚子肌になっていますが、これで完全に硬化するまで10時間以上がかかるようなので、とりあえず週末まで様子を見てみることにします。

 

初挑戦でも新車に戻ったみたいに仕上がります!

1週間後にヘッドライトを確認したところ、一部の曇りも無くなり、しっかりクリアになりましたが、近くで見てみると、やはり「柚子肌」になっています。

 

そして、

ステラも近くで見ると、塗装面の柚子肌を確認できます。

素人の缶スプレー塗装では、これが限界でしょうけどね。

 

とにかく、

「ウレタンスプレー」は「ラッカースプレー」より塗膜が硬いそうなので、後日ポリッシャーと仕上用コンパウンドで磨いて、柚子肌の表面を整えたいと思います。

 

まあ、

塗装面の柚子肌は、本当に近くでヘッドライトを凝視しないとわからないレベルなのですが、車検時などに柚子肌が原因で、ヘッドライトのカットラインがぼやけたり、光量不足になったりしたら困るので、しっかり仕上げようと思います。




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

スポンサーリンク
こんな人が書いています


管理人:ぷよっ太

車で旅行に行くのが大好きな40代です。同じ年代に共感していただけるような記事を更新していきます。

詳しいプロフィールはこちら
プライバシーポリシー

カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
四十代からのダイエット
アーカイブ archive

ページの先頭へ