【プリウス30】Lグレードに車速感応ドアロックを3秒で取り付け!

目安時間:約 7分

 

プリウス30後期「Lグレード」を、簡単に高級車仕様にできるアイテムが、「OBD2ドアロック」なんですが、

子供を乗せたりするときなど、車が走り出したら自動でドアロックしてくれて安心だし、お手軽に取り付けれて便利なんです!

 

たまたま「プリウス20」に乗っていた会社の先輩が、自分の車に適合しなくて作動しなかったので、プリウス30に乗っている私にタダで譲ってくれたんですよね。

 

譲ってくれたその場で取り付けて、正常に作動したのも確認できたので、ラッキーでしたよw

 

本当に便利で、いざという時も安心なので、「OBD2ドアロック」の魅力を伝えたいと思います。




「ODB2」ってそもそも何なの??

「OBD2」って聞いたことない人が多いと思います。

 

ちなみに私も知らなかったのですが…💦

 

「ODB」とは、コンピュータ制御された車の電気信号を、細かく管理するシステムの名称で、ディーラーなどで専用端末につなげて、簡単に自分の車の不調を診断することができるんです。

 

そして、

「OBD2」はバージョンアップ版で、規格を共通化したことで、取付が義務付けられたので、最近のクルマには必ず装備されています。

 

ちなみに、

私のプリウス30後期の「OBD2」のコネクターは、運転席右の足元付近にありますので、覗いてみると簡単に見つけることができる位置にありました。

 

そして、

先輩の「プリウス20」は、たぶんバージョンアップ前の「ODB」だったから作動しなかったと推測できます。

 

「OBD2ドアロック」の機能は?

「OBD2ドアロック」の機能は3つ、

 

【車速感応ドアロック】

集中ドアロックは装備されているのですが、これが発進して15キロ以上になると、自動でドアロックされて、同乗者の安全を守ってくれます。

そして、

エンジンをOFFにすると、自動でドアロック解除となります。

 

【緊急シグナル】

緊急時に急ブレーキをかけた時に、ブレーキランプ点灯と同時に、ハザードランプも点滅して、後続車に危険を伝えてくれます。さらに、自動でドアロックの解除もしてくれて、緊急脱出の助けとなります。

 

【衝撃感知機能】

事故にあった時など、衝撃を感知してドアロックを自動で解除し、閉じ込められるのを防いでくれます。

 

ということで【衝撃感知機能】は事故していないので検証できてないのですが、【車速感応ドアロック】は本当に便利で、うちの嫁さん助手席から降りるときは、私が集中ドアロックを解除しないとドアを開けない(何様?)のですが、エンジン切ったら解除するのは非常に便利ですね💦

 

あと急ブレーキも試しましたが正常に機能して、ハザードランプと同時にドアロックも解除して、パニック時は本当にありがたい機能となるのではと思いますよv







この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

スポンサーリンク
こんな人が書いています


管理人:ぷよっ太

車で旅行に行くのが大好きな40代です。同じ年代に共感していただけるような記事を更新していきます。

詳しいプロフィールはこちら
プライバシーポリシー

カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
四十代からのダイエット
アーカイブ archive

ページの先頭へ