本革の長財布「VISOUL」を使った感想

目安時間:約 7分

 

「VISOUL」とういブランド知ってますか?

 

…知らないですよね💦

 

今まで、京都で買ったがま口財布を愛用していたのですが、お金持ちは絶対に長財布を使うということを聞いたので、Amazonで、探してみたらいいのがありましたよ!

 

「VISOUL」の「ラウンドファスナー本革レザー長財布」一目惚れでした(笑)

>> 続きを読む

【Trackbee】 入門用に激安スマートウォッチを使ってみたよ

目安時間:約 7分

Amazonのタイムセールで、たまたま見つけたスマートウォッチが、この「Trackbeeスマートウォッチ」でした。

 

前々からスマートウォッチに興味があったのですが、アップルウォッチは高いし、ほかのスマートウォッチも気に入ったデザインもなかったのですが、「Trackbeeスマートウォッチ」は評価や口コミも良くって、お値段もタイムセールで2700円ほどでしたので、入門機として購入してみました。

 

ハッキリ言って、安っぽいオモチャみたいなもんだろうと期待していなかったのですが、品質の良さと高機能にびっくりしてしまいましたので、実際に使ってみた感想と評価を伝えていきますね。

>> 続きを読む

NIXONの腕時計51-30を買う

目安時間:約 5分

 

こんにちは「ぷよっ太」です。





昨年急に「夏が似合う腕時計」が欲しくなり、嫁とお買い物中に「ムラサキスポーツ」にフラフラと立ち寄った時に見つけてしまいました!ビビっときたんです。

 

NIXONのTHE51-30シリーズです。

 

いくらかな~?

 

「.....💦」

 

「56000円!!💦」

 

結構するのね...と思いつつ女性の店員さんも「白、金の51-30」を着けていてカッコイイです。

 

私はハイポリッシュタイプの白文字盤が欲しいのですが高いので諦めて帰ります。

 

自宅に帰ってもNIXONが脳裏に焼き付いております。

 

諦めきれないのでネットで探してみるとお手頃な値段であるじゃないですか!ヤフオクで並行輸入品になりますが18000円前後で見つけたので思わずポチってしまいましたよ。

 

届きましたよ僕のNIXON!!

 

カッコイイです!「51-30ハイポリッシュ白文字盤」!!

 

すぐに近所の時計屋さんに持ち込みコマの調整と電池交換もしてしまいます。

 

迫力満点! 白文字盤が夏に似合いそうです。

 

厚みもあり凄い迫力で凄い重いです💦

 

あれっ?? 秒針が0時から動かない!!

 

とビビって説明書みてみたら秒針は中の小さい窓で動いております!動いてない長針はストップウォッチ機能で動きましたよ!不良品化と思ったよ💦

 

ということで夏の期間はNIXONを愛用しておりますが、バリエーションも豊富で違うバージョンをもう1本欲しいです。

 

40代でも似合いますし、若い女性にも似合うし、恐るべし「THE51-30」のデザイン力です。





ファイテンの磁気チタンネックレスでひどい肩こりが改善!

目安時間:約 6分

ここ数年、肩こりがひどくなってきました。

たぶんパソコンを毎日扱う仕事になってから、

視力が落ちてきて、肩こりがひどくなってきた感じです。

 

嫁さんも視力が悪いからなのか慢性的な肩こり症なので

「ピップ マグネループ」などを定期的にプレゼントしているのですが、

今回は嫁さんが私に磁気ネックレスをプレゼントしてくれました(笑)

 

商品名がファイテンの「RAKUWA磁気チタンネックレス BULLET」です。

人生はじめての磁気ネックレスがどんな感じなのかレビューします。

 




磁気ネックレスの効果ってどうなの?

楽天で8964円とちょっとお高めに感じてしまうのは、

私が嫁さんに定期的にプレゼントしている「ピップ マグネループ」が3本買えるし!

値段が高いだけに効果を期待してしまうよね(汗)

 

肩こりとは、

肩周辺の筋肉の緊張と血流不足が主な原因だそうです。

そして磁気ネックレスは、

血中の鉄分に作用して血行を良くする働きがあるためコリを改善するそうなんよ。

 

詳しいことは「Phiten Official Store」にて、詳しく解説しているので覗いてみて下さいね。

 

「管理医療機器」って聞きなれない単語なんだけど調べてみると、

副作用などの影響で生命や健康に影響を与えるおそれがある医療機器だそうで、

薬事法では製造や販売をする場合、

厚生労働省が指定した第三者機関の審査を受けて、

承認され認証を受ける必要があるとのこと。

 

なるほど、身体になんらかの作用を及ぼすのは理解できたよね。

 

色は4種類展開されていて、

嫁さんのチョイスでこの「ブラック×メタリックブラック」を選んでくれたんだけど

組紐調の光沢があるブラックと砲弾型のステンレストップがかっこいいです。

 

止め具部分のゴールドがさりげない差し色になっていてかっこいいです。

 

長さは50センチということでネックレスにしては短いですが、

コリに作用させるためにはこの50センチがベストだと思います。

 

実際に身に付けてみると装着の違和感もなく、

2時間後ぐらいに気が付いた時には、

肩こりがかなり改善されていたため正直びっくりしましたよ。

 

仕事中に装着したままでも目立たないし、

さりげなくゴールドが光ってお洒落かなと、

大変満足してますよ。

 

嫁さんありがとう。






ダサいおじさんがオシャレに大変身する神アイテムとは?

目安時間:約 7分

 

こんにちは「ぷよっ太」です。

 

先日放送された「得する人損する人」に登場したファッションアドバイザーのMB氏が、ダサいおじさんをたった一つのアイテムでオシャレに大変身させるのだとか。

気になる内容なので実践も交えながらまとめてみました。





 

おしゃれはセンスではない!!

私もそうだが多くの人はおしゃれになるにはセンスが必要と思っているが、MB氏はこの考えを誤りとし、

「確かにセンスのある人はおしゃれですが、論理的におしゃれに見せることも可能なんです」と発言。

 

そのロジックこそ「カジュアルとドレスのバランスを7:3に整える」そうです。

 

わかりやすく言うと、ドレスとはスーツを想像するとわかりやすく、一方カジュアルとはジーパンにTシャツとスニーカーという組み合わせで、おしゃれに見せるコツは、多くの人がやってしまう全身カジュアルアイテムで固めるのではなくドレス要素をうまく取り入れること。

 

 

カジュアル一辺倒はダサい!

男性はデニムパンツとスニーカーの組み合わせが好きな人が多く、MB氏は、

 

「トップスは印象を変える、ボトムスは印象を整える」

 

といい、下半身が整っていれば上半身はあまり気にしなくてもいいそうです。

 

そして番組では、おじさん30人を集めて、収録前に「GU」であるものを全員が購入しており、番組内でそのアイテムに着替えて再び登場したのだが、たしかにオシャレになっていました。

 

 

たった一つの神アイテムとは?

その収録前に30人のおじさんが購入したものとは、

 

細みの黒いズボン」なのです!!

 

MB氏は「スーツは完成されたスタイルで、普段着でもなるべくスーツに近い状態に持っていくのが簡単におしゃれに見せる方法」といい、見た目も好みもバラバラな30人のおじさんたちの上半身を変えるより、下半身を整えたほうが早くおしゃれに出来るのだそうです。

 

 

実践せずにはいられないでしょ!

ってことで、私の自宅の近所に「GU」無いんで、アピタでEDWINの細みの黒いジーンズを見つけたので早速購入してみました。

 

EDWIN「INTERNATIONAL BASIC」シリーズから新シリーズ「BLACK SERIES」407TAPEREDという商品名です。

 

わたくし、典型的な中年体型で体重90キロ、ウエスト90センチありますので、36インチになります。

 

生地が伸縮性を持ったストレッチ生地で細身ですがとても履きやすいテーパードタイプです。

 

MADE IN JAPAN のタブが安心感をあたえます。

税抜5900円でした。

 

そして私がいつも履いているエビスのジーンズです。

 

もう20年ほどエビスジーンズ一筋で、もちろん全身カジュアルスタイルです。

 

基本太めのズボンしか持っていなかったので私が細みのズボンを履けるのか心配でしたが、このEDWINのシリーズは私みたいな体型でもほどよくフィットし軽くて非常に履きやすく、シルエットはこれだけで激変します。

 

嫁や二人の大学生の娘にも評価してもらいましたが、たしかにオシャレに見えるそうなので嬉しくなってしまいました。

 

黒色のズボンは足も細く見えて、どんなシャツにも合わせやすいので、これからはエビスの出番がなくなってしまうかも!?と思うほど気に入ってしまいましたので、ぜひ私と同じ40代も実践してみてください。

 




スポンサーリンク
こんな人が書いています


管理人:ぷよっ太

車で旅行に行くのが大好きな40代です。同じ年代に共感していただけるような記事を更新していきます。

詳しいプロフィールはこちら
プライバシーポリシー

カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
四十代からのダイエット
アーカイブ archive

ページの先頭へ