【PULUZ】20cm撮影ボックスはブログ撮影用に大活躍!!

目安時間:約 7分


ブログで使う小物類の写真を、きれいに写したくて撮影ボックスを探していたら、評価の良い「PULUZ」というメーカの「20cm撮影ボックス」を購入してみたのでレビューしますね。

結論としては、小物の撮影はとてもいい感じに写すことができて、素人の写真が少しプロに近づいたような写真を撮ることができましたよ。




きれいな写真は背景が大事なことに気付いた。

被写体を生かすも殺すも背景次第と思いませんか?

 

シンプルに考えて「青い被写体」に「青い背景」では、写真が台無しになってしまいますよね。

 

そこで、

このPULUZの「20cm撮影ボックス」は、お値段も1235円とお手頃で、さらに被写体に影が出来ないように「2つのLEDライトバー」が明るく照らす優れもので、入門用に最適だと思います。

 

組立式なので非常にコンパクトで、使わない時の収納にも非常に便利な感じです。

 

収納袋から出してみると、6色の背景布もキレイに収まっていたので、ひとまず安心です。

 

背景布が折れ曲がりなく、6色あればどんな小物の撮影にも対応できますよね。

 

収納袋もしっかりした造りで好感が持てます。

 

組立も非常に簡単で、悩むことなく一瞬で組立できるシンプルな構造です。

 

2つのLEDライトバーも、チップが20個づつ付いているので、明るさは問題ないでしょう。

 

被写体に影が出来たり、背景が暗かったりすると、せっかくの写真も台無しになってしまいますからね。

 

LEDライトバーは配線を端子に差し込むだけなので、被写体が明るすぎたりするときは、2つのLEDライトバーのどちらかの配線を抜けば光量の調整が出来そうです。

 

電源はUSBアダプターを使ってコンセントから直接電源をとってもいいのですが、コンパクトで持ち運びが可能な撮影ボックスなので、私はモバイルバッテリーを電源にしています。

 

背景布は奥の壁の上面に引っ掛けるだけなので、取り付けも非常に簡単で、被写体に合った背景色を試すのにも手間がいりませんよ。

 

夜にLEDライトバーを点灯させてみましたが、光量は問題ないので、昼夜問わず撮影が可能となるのは非常に便利!

 

今までは、天気のいい昼間に撮影をしていたので、時間が限定されて不便だったしね💦

 

感想とまとめ



今回のPULUZの20cm撮影ボックスは、入門用に最適だと思います。

 

しかし25cmほどの小さめな正方形ボックスのため、本当に小物の被写体しか撮影に適していません。

なぜかというと、

少し大きめの被写体だと、背景布に収まるように撮影できなくなってしまいます。

 

PULUZの撮影ボックスは、サイズが40cmや60cmがあるので、レビュー記事を作成するなら、大きめの撮影ボックスを購入してもコンパクトに収納できるので、私はもう少し大きめの撮影ボックスをお勧めします。

 

そして、

LEDライトバーの光量も明るすぎたりして、被写体が反射して白くなりすぎることもあったので光量を調整するスイッチがあるタイプも便利だとおもいました。

 

それでも、

PULUZの撮影ボックスを使用すると、被写体を今までよりきれいに撮ることができるので、ヤフオクやメルカリに出品するときにも役立つと思います。



この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

スポンサーリンク
こんな人が書いています


管理人:ぷよっ太

車で旅行に行くのが大好きな40代です。同じ年代に共感していただけるような記事を更新していきます。

詳しいプロフィールはこちら
プライバシーポリシー

カテゴリー category
最新の投稿 infomation
スポンサーリンク
四十代からのダイエット
アーカイブ archive

ページの先頭へ